ミュンヘン工科大学 (TUM) について


基本情報

ミュンヘン工科大学 (Technical University of Munich, 以下TUM) はドイツで一番の工科大学です。世界大学ランキングでも常に100位内に入っており、国際的にみても非常にレベルの高い大学として位置づけられています。

TUM は日本の有名大学 (旧7帝大学や東京工業大学、慶応義塾大学、早稲田大学、奈良先端科学技術大学院大学など) と協定を結んでいます。交換留学で TUM に来ている日本人学生をちらほら見かけます。

TUM の授業はドイツ語で行われることが多いですが、英語の場合もあります。とくに大学院では、英語で授業をするプログラムを増やすことによって、世界中から学生を積極的に受け入れようとしています。

ちなみに、私の大学院プログラムも英語のものです。ドイツの大学院受験に関しては、“海外 (ドイツ) の大学院合格まで”を参考にしてください。

TUM の授業料は無償です (ドイツの国公立大学は授業料が無償)。大学側に払うお金は、social fee (半年ごとに134.5€) というものだけです。

また、授業で扱う教材は  Moodle というサイトを通じて配布されます (私の経験上、教科書を買うことはありません)。

アメリカやイギリスの大学と違って、非常に安上がりで済むのがドイツの国公立大学の特徴です。


キャンパス

〇メインキャンパス (Main campus)

IMG_20171226_100417.jpg

technical university of munich

私が通っているキャンパスで、ミュンヘンの中心地にあります。

交通機関によるアクセスがよく、非常に便利です。

また、屋上にカフェがあり、ミュンヘン市庁舎などを見渡せます。

建築学科や環境都市工学科、経営学科 (School of Management) がメインキャンパスに所属しています。

〇ガーヒンキャンパス (Garching campus)

garching campus.jpg

TUM の中で一番大きなキャンパスです。ミュンヘンの中心地からは少しはずれます。

学舎の中に滑り台があることで有名です (笑)。

物理学科、機械工学科、数学科などがガーヒンキャンパスに所属しています。

sliders.jpg


学生の利点

〇学生証

student card.png

学生証を所持していると、様々な場所 (博物館など) で学生割引の恩恵を受けることができます。

学生証にはお金をチャージすることができ、そのチャージしたお金で学食やコーヒーなどを買うことができます

ただし、チャージしたからといって、ポイントがついたりするわけではありません (笑)。

〇定期券 (Semester ticket)

ミュンヘンの学生定期券 (IsarCard Semester、半年ごとに193€) は、学生証と合わせることで電車 (U-Bahn、S-Bahn)、路面電車 (trams)、バスすべてが乗り放題になります。

日本の学生定期券と違って、ミュンヘンの学生定期券はただの紙です。

Suica のような IC 定期券はありません。

そもそも日本のような改札口はこちらにはありません (笑)。

下の写真はミュンヘンの改札

ticket checker.jpg

〇学食

TUM には Menza という学生食堂があります。

Menza を取り仕切っているのは大学ではなく、Studentenwerk という団体です。そのため、ミュンヘンのほかの大学にも Menza はあります。

日本の一般的な学食と大きく違う点は、好きな料理を好きなだけお皿に盛って、g 単位で支払いができる点です。

もちろん、あらかじめ決められたセットメニューもあります。

Studentenwerk は学生寮の運営もしています

Studentenwerk の学生寮に住むことができれば、留学費用を安く抑えることが可能になります。(住居費が月400€ほど)

交換留学生に対しては、学生寮に住む権利が優先的に与えられます。

正規留学生の場合は、1年ほど待つことになります。

注:ミュンヘンでの部屋探しは困難を極めます。期末試験をパスするよりも、良い部屋を見つけるほうが難しいといわれるほどです (笑)。

ミュンヘンへの留学を考えている方は、 Studentenwerk のホームページを参照してみてください。

studentenwerk.jpg

〇eduroam Wi-Fi

eduroam Wi-Fi とは、いわゆる学生用の Wi-Fi のことです。

eduroam Wi-Fi の最大の利点は、eduroam Wi-Fi と提携している場所であれば、世界中どこでもインターネットを使用することができる点です。

ミュンヘンであれば、TUM のキャンパスやLMU (Ludwig Maximilian University of Munich) のキャンパス、主要な駅などに eduroam Wi-Fi が通っています。

ちなみに、日本も eduroam Wi-Fi の提携国に入っています

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中