漢字と日本語は無縁!? オススメの本 – 漢字と日本人

漢字と日本人 高島俊男

著者は東京大学で中国語学・中国文学を専攻された高島俊男さんです。
本書は漢字と日本語の歴史をたどりながら、日本人なら誰もが知っておきたい漢字と日本語および日本人の関係を教えてくれます。ここでは私がとくに興味深いと思った内容をまとめます。

漢字と日本語は無縁

  • かつて日本には言語の存在自体はありましたが、それを表す文字がありませんでした。そこに入ってきたのが漢字です。そして日本人は漢字を使い始めました。つまり、日本人はもともと日本語とは無縁である、漢語 (中国語) を表すための文字 (漢字) を借り、これを多少手なおししてもちいていることになります。したがって、漢語 (中国語) と日本語には類縁関係はありません。これは日本語をローマ字で表記しても、日本語が英語と同系統の言語にはならないのと同じことです。

これ以外にも興味深いことが書かれています。ぜひ読んでみてください。

漢字と日本人 に対する画像結果

Amazon


厳選本リスト”にて他にもオススメの本を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

ブログのフォローもお忘れなく!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中