規格外のアクション映画 – ワイルドスピード:アイスブレイク

ワイルドスピード:アイスブレイクを映画館にて鑑賞してきました。ここでは、映画の概要と個人的な感想 (ネタばれしない程度) についてまとめていきます。

ワイルドスピードってどんな映画?

ワイルドスピードとは、端的に言えばカーアクション映画です。元々は、主人公のブライアン (故Paul Walker ) とドム (Vin Diesel) を中心とした、ストリートレースが主体の映画でした。しかし、5作目のメガマックスあたりから話のスケールがどんどん大きくなり、戦車や飛行機を交えた、派手で爽快なアクションに焦点を当てるようになりました。本作では、なんとロシア軍の核兵器搭載潜水艦が登場します。ちなみに、3作目の Tokyo Drift には、あの北川景子さんが出演しています。

原題は The Fast and the Furiousですのでご注意を。アメリカ人にかっこよく Wild Speed と言っても通じません(笑)。

アイスブレイクの概要

アイスブレイク (原題:Fast and Furious 8) はワイルドスピードシーリーズの8作目にあたります。見どころはなんといっても規格外のアクションシーンです。本作品では、ロシア軍の核兵器搭載潜水艦が登場するなど、もう何でもありとなっています。アクションシーンを楽しむためだけに映画館に行ってもいいほどです。

話の大まかな流れに関しては、ドイツでの任務中に裏切り逃亡したドムをドムの仲間たちが追うというものになっています。あれほど家族の大切さを説いていたドムが仲間を裏切った理由とは一体何なのか…

本作品では、前作までのキャストが勢ぞろいします。そのため、今までの作品の復習をしてから本作を見ることをお勧めします。とくに、5、6、7作目を見ていないと話についていけない箇所が出てきます。

ワイルドスピードシリーズは、これまでに Don Omar の Danza Kuduro や Wiz Khalifa, ft. Charlie Puthの See You Again といった世界的ヒット曲を生み出してきました。今回の主題歌はG-Eazy & Kehlani の Good life です。どこまでヒットするか注目ですね。G-Eazy は私が今個人的に推しているラッパーで、彼の Me, Myself & I という曲もオススメです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中