フルハウスで英語を楽しく学ぶ 5 海外ドラマを活用してTOEIC900!

投稿内容

投稿内容は以下の通りです。

  1. フルハウスとは
  2. 簡単な人物紹介
  3. フルハウス シーズン 1-5 の概要
  4. フルハウス シーズン 1-5 で使用された英語表現
  5. 海外ドラマを観賞するには

フルハウスとは

フルハウスは、妻を亡くした主人公のダニーが義弟のジェシーと親友のジョーイとともにDJ、ステファニー、ミシェルの娘3人を育てていくアメリカのコメディドラマです。

単純に笑いを誘うだけでなく、家族や友人の大切さなどを語るドラマでもあります。

また、1話20分であるため、隙間時間などに手軽に観賞できます。

フルハウスを用いた英語学習は、日常生活で使える表現が身に着く、リスニングの能力が飛躍的に上がるという点で非常に効果的です。

さらに、フルハウスを完璧に理解できるようになると、実力的にはTOEIC 900点に相当します。

フルハウスを用いた英語学習法は、”安い””続く””楽しい”の3拍子揃った英語学習法に載せています。


簡単な登場人物紹介

danny.jpg

Danny (ダニー)… 3人の娘をもつ父。交通事故で妻を亡くしたため、義弟と親友を家に呼びよせ家事等を手伝ってもらっている。掃除が大好き。

DJ.jpg

D.J. … 3人姉妹の長女。勉強ができる。妹思い。

stephanie.jpg

Stephanie (ステファニー)… バレエやダンスなどに才能の芽がみられる。シーズンの途中までD.J. と部屋を共有している。

mischelle.jpg

Michelle (ミシェル)… シーズン1では赤ちゃん。家族みんなからかわいがられるアイドルのような存在。シーズンの経過とともに彼女の成長を見ることができる。

jesse.jpg

Jesse (ジェシー)… Dannyの義理の弟。日本語版では”おいたん”の愛称で知られる。音楽で売れることを目指しているが、現状、音楽活動だけでは食べていけないので害虫駆除の仕事もしている。

joey.jpg

Joey (ジョーイ)…  Dannyの親友。持ちネタがたくさんあり、人を笑わせるのが得意。アニメ (cartoon) が好き。


フルハウス シーズン 1-5の概要

シーズン1-5では、ダニーがジェシーとジョーイとともに男3人で釣りに行くことを提案します。

男3人だけで釣りをするはずが、船乗り場にジェシーの元カノ・ロキサーナが2人の女性バックシンガーとともに現れます。

ロキサーナとの過去に向き合うジェシー。そして、新しい恋の予感がするダニー…


フルハウス シーズン 1-5 で使用された英語表現

英語表現のPDF版はフルハウス解説にあります。

1. What rhymes with Lamborghini? は“ランボルギーニと韻を踏むのは何。”の意。

ここでのrhyme (韻を踏む) は動詞 (verb) として使われている。

rhyme は名詞 (noun) として使うこともできる。

2. Weenieはこの場合“女々しい男”の意。

3. I’ll feel sorry for her when she starts potty training.

“ミシェルがトイレの練習を始めたら同情するよ。”の意。

ここでの sorry は同情をあらわしている。

誰かが亡くなった際に、よく I’m so sorry. (残念です。) という表現が使われる。

4. I’m way too old for this outfit. を意訳すると“この服を着られる歳じゃないわ。”の意。

ここでのwayはtooを強調している。

このwayの使用例として、This is way too dangerous. (これは危険すぎる。) などがある。

5. We’ve never had a boy’s night-out, just the three of us.

“3人だけで夜遊びしたことがないじゃないか。”の意。

night-outは外出して夜遊びすることを指す。

遊びに行くという英語表現として、hang out もある。

例:Let’s hang out this Friday. (今週の金曜日、遊びに行こうよ。)

他に、go out (デートする) という表現もある。

例:Will you go out with me? (僕/私とデートしない。)

アメリカやヨーロッパの交際文化は日本のそれとかなり異なる。

アメリカやヨーロッパでは、何度かデートしたあと、互いに彼氏/彼女と認め合うのが主流。

そのため、同時期に2、3人とデートに行くということもある (笑)。

男女2人で出かけるときは、それが hang out なのか、それとも go out なのか注意されたい。

6. I’ve been dying for a place to wear this outfit.

“この服(装)を着られる場を待ち望んでいたよ”の意。

die for ~ には、dieの元々の意味通り“~のために命を落とす”の意味もある。

Bruno Mars (ブルーノ・マーズ) の Grenade という歌の歌詞に、この die for ~ が出てくる。

7. You leave me no choice. は追い込まれたときによく使う表現。

leave (someone) no choiceで、“選択の余地を残さない”の意味となる。

8. ジェシー:My music is going really well. は“俺の音楽(活動)はとてもうまくいっているよ”の意。

ジョーイ:You told me you couldn’t even find a job. は“仕事も見つからないって言ってたじゃん”の意。

この発言により、ジェシーの見栄っ張りが台無し(笑)。

ここでの even は、日本語の“さえ、も”に相当する。

9. The seals were clapping for us. は“アザラシが拍手してくれていたわね。”の意。

clap は“拍手をする”の意味。

10. My bait is yawning. は“僕のエサはあくびをしている。”の意。

baitは“エサ”の意味。

yawnは“あくびをする”の意味。

11. It’s the only logical explanation. は“それしか筋の通った説明はない。”の意。

12. I wish I could see each other more often. は“もっと頻繁に会えたらいいのに。”の意。

wish のあとにくる文には仮定法と同じルールが適用される。

現在:I wish I was…

過去:I wish I could have been…

13. I owe a lot of my success to you.

ロキサーナは“私の成功はあなたのおかげ”と言っている。

I owe you one. (借りができたな) はアクション映画などでよく聞く表現。

14. Caroline and I are none of your business. は“キャロラインと僕は君とは関係ない。”の意。

口調が強くなると“お前には関係のないことだ”といった意味になる。

none of your businessの箇所はnot your businessとしてもよい。

15. What helps you get through the tough times are the people by your side.

“しんどい時に助けてくれるのは周りの人だよ”の意。

What ~ though times までがこの文章の主語にあたる。

What の節が主語にくる場合、目的語 (単数か複数か) に合わせて、動詞の形が決まる。

ここでは、the people に合わせて are が使われいる。

もし the people の箇所が him や herであれば、動詞は is になる。

16. ジェシー:“Where is this coming from?”(出所はどこだ。)

ジョーイ:From my heart. (心から)

I did have some help with my words. (多少参考はあったけど)

It’s what Scooby-Doo told Scrappy-Doo last Saturday morning. (この前の土曜の朝、スクービー・ドゥがスクラッピィ・ドゥに言っていたこと)

つまり、ジョーイはcartoon (アニメ) を参考にしていた(笑)。

From the bottom of my heart. とすれば、“心の底から”と表現できる。

help の前のdidは動詞を強調する働きをもつ。


海外ドラマを観賞するには

海外ドラマの鑑賞には、動画配信サイトがオススメです! インターネットのつながる環境であれば、好きな時に好きな場所でドラマを見ることができます。

Hulu、Netflix (ネットフリックス)、TSUTAYAであれば、無料お試し期間が最初に設けられています。もちろん、自分に合わないと思えば、お金を払う前に解約することができます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中